沼田法律事務所

中国室 China room

当法律事務所は1994年より中国室を設けています。
今でも中国室を設けている法律事務所は余り例がないと思われます。日本企業が中国に進出しはじめた頃より、中国の法律について相談を受けるようになりました。これを契機として中国室を設けることにしたのです。  中国はWTOに加盟するなど法治国家となっていますが、相変わらず、人脈がものをいいます。
企業経営は、強気で戦略性と闘争性にたけています。企業意思決定はトップダウンで即断即決です。日本企業は、このような中国企業と付き合い共に発展を図っていかなければなりません。そのためには、中国企業と対等なビジネスができるようなサポート体制が必要です。当中国室は、日本企業が中国に進出し、また中国企業が日本に進出する際の橋渡しをし、サポートをしています。これにより、日本企業のみならず、中国企業からも感謝されています。当中国室は、ビジネスサポートのノウハウを蓄積しています。

業務内容

日本企業の対中国進出

  • 中国に対する直接投資全般の相談
  • 中国現地法人、支店及び代表機構の設立にかかわる調査、手続き代行
  • 中国での会社等設立にかかわる契約書などの法律文書作成・チェック
  • 現地法人運営にかかわる渉外事務、債権回収、労務管理及び紛争解決
  • 技術譲渡、特許出願、商標登録などへのサポート
  • 中国における買収、再編、撤退(解散・持分譲渡等)
    にかかわる相談、交渉、契約など作成
  • 中国での訴訟、仲裁などへのサポート
  • 中国企業との契約文書の作成・チェック

中国企業の対日本進出

  • 日本のマーケット調査
  • 日本での会社設立手続き代行
  • 日本におけるM&A業務へのサポート
  • 日本の土地、不動産購入へのサポート
  • 日本におけるファイナンス業務へのサポート
  • 日本における訴訟、仲裁の代理

中国室スタッフ

室長 孫維
中国現地スタッフ 楊陽
曹勇
中国室担当弁護士 二又朋之
小寺瑛子
松岡加奈子

提携法律事務所 等